日本でヒラでもベトナムに転職すると管理職を任される事もある

仕事に対してやりがいを持てるかどうかというのは非常に大切なことです。

毎日同じような単純作業を繰り返していたり、あまりにも労働時間が長くて心身共に疲れてしまっていたり、なかなか自分の思うような仕事ができていない場合には、この先今の仕事をこのまま続けていっていいのかどうか悩んでしまう方も多いでしょう。

新たに転職を考える場合、日本国内だけではなく海外へ飛び出す選択肢を持ってみても良いのではないでしょうか。

そうしたことを考えたときに、最近オススメできる国がベトナムなのです。

たとえば日本ではごくごく一般的な社員で上司の言う通りに毎日動いていた方も、ベトナムで仕事を始めてからはマネージャーとして自分自身で営業戦略を立て、そしてベトナム人の部下を持ち仕事に取り組むことができるケースもあります。

もちろん、日本でどのような仕事をしてきたかという経験や、英語力やベトナム語力などといった語学力についてなどによってベトナムで就ける仕事は人それぞれ違いますが、日本で普通に働いていた方もご自身のスキルや知識、経験を活かしてさらなる飛躍を望むことができるのです。

ベトナムに進出している日本人は最近増えておりますが、それでもまだまだ日本人の人材は常に不足している状態です。

ですから、やる気がありスキルアップを考えている方にとってはベトナムで就職することによってとてもやりがいのある仕事を与えられるケースが多いのです。

ベトナム在住の日本人同士のつながりを大切にしよう

ベトナムでの就職・転職となると、周りで働いてる人はベトナム人ばかりで日本人はあまりないのでは…と思うかもしれません。

たとえば、日系企業がたくさん進出しているタイなどに比べますと、ベトナムに在住している日本人は非常に少ないかと思います。

在留邦人の数は、だいたい12,000人前後ですから、決して多いとは言えないでしょう。

特に、現地採用でベトナムの中心部以外の場所で働くとなれば、基本的には会社の人も周りの人もベトナム人だけという状態になります。

日本の企業から駐在員としてベトナムに派遣されている方、現地採用として日系企業や外資系企業、またはベトナム現地の企業に勤めている方、ご自身でベトナムで会社を設立した方、などの日本人のコミニティーももちろんありますから、そういったところに参加するとベトナムにいながら、日本人同士で交流を持つことも可能です。

実際にベトナムに住んでみないと分からないこともたくさんありますから、初めてベトナムでの就職・転職をするという場合には、以前からベトナムに住んでいる日本人の方にいろいろとアドバイスをもらうと生活する上で安心するかと思います。

普段はベトナム料理ばかり食べているけれども、日本料理が食べたくなったらどこのレストランがオススメなのか、自宅で自分で料理をしたい時にはどこのスーパーなら日本の食材が手に入るのか、といったような生活に密着した情報は、実際に現地に住んだ事がある日本人の情報を収集していくのがいちばん確かでしょう。