こんなに安い!ベトナムでの生活費と給料と貯金の話

日本では一人暮らしをするとなれば家賃や光熱費、食費、その他雑費など毎月の出費を考えると最低でも150,000円ほどはもらわないと生活ができなかったりします。

住んでいる場所にもよりますが、東京の都心部でしたらさらに高いお給料をもらわないと生活ができないでしょう。

毎日一生懸命仕事をしているけれども、なかなかお給料も上がらず生活が苦しいということで、物価の安いベトナムに進出を考えている方も増えてきています。

ベトナムでしたら、もし独り身の方の場合にはだいたい1ヶ月に50,000円程度あれば問題なく生活することができます。

日本だったら50,000円というと家賃だけで簡単に飛んでしまう金額です。

もちろんベトナムでは家賃などもすべて含めた金額ということになります。

ただ、これはあくまでも日本人が最低限暮らしていけるくらいの金額ですから、たまにはホテルのレストランで食事をしたい、ラウンジでお酒を飲みたいなどといった贅沢はなかなかできないかもしれません。

ベトナムでの就職・転職を考えたとき、現地採用であればお給料は少ないだろうと思われるかもしれませんが、それでも大体初任給は120,000円前後になりますから、最低限生活できる金額の2倍以上をもらえるわけです。

きちんと考えて生活をしていけば、現地採用の方であってもベトナムにながら貯金もできますし、たまの贅沢も問題なくできるのです。

万が一ベトナムでの新しい仕事がなかなか見つからない場合にも、現地にいればあまりお金もかからずに生活することができます。

ベトナム在住の日本人同士のつながりを大切にしよう

ベトナムでの就職・転職となると、周りで働いてる人はベトナム人ばかりで日本人はあまりないのでは…と思うかもしれません。

たとえば、日系企業がたくさん進出しているタイなどに比べますと、ベトナムに在住している日本人は非常に少ないかと思います。

在留邦人の数は、だいたい12,000人前後ですから、決して多いとは言えないでしょう。

特に、現地採用でベトナムの中心部以外の場所で働くとなれば、基本的には会社の人も周りの人もベトナム人だけという状態になります。

日本の企業から駐在員としてベトナムに派遣されている方、現地採用として日系企業や外資系企業、またはベトナム現地の企業に勤めている方、ご自身でベトナムで会社を設立した方、などの日本人のコミニティーももちろんありますから、そういったところに参加するとベトナムにいながら、日本人同士で交流を持つことも可能です。

実際にベトナムに住んでみないと分からないこともたくさんありますから、初めてベトナムでの就職・転職をするという場合には、以前からベトナムに住んでいる日本人の方にいろいろとアドバイスをもらうと生活する上で安心するかと思います。

普段はベトナム料理ばかり食べているけれども、日本料理が食べたくなったらどこのレストランがオススメなのか、自宅で自分で料理をしたい時にはどこのスーパーなら日本の食材が手に入るのか、といったような生活に密着した情報は、実際に現地に住んだ事がある日本人の情報を収集していくのがいちばん確かでしょう。