ベトナムの親日ぶりは日本人を募集しているホテル業でも見られる

海外で働くのであれば、できれば親日国で働いた方が何かといろいろと便利なことでしょう。

反日感情のある国に出向けば、日本人というだけで嫌がらせをされたりする可能性も考えられます。

そうすると、せっかく仕事をしていてもなかなかその地に居づらくなってしまうこともあるでしょう。

ベトナム国は非常に親日国で、日本人が尊敬されることが多いので、実際ベトナムで仕事をして生活してみると改めて日本という国のよさを実感することができるはずです。

日本は世界の中でも経済大国ですから、非常に信頼感が高くベトナムでは日本人の求人もたくさんあります。

たとえば、ベトナムにある有名ホテルなどでは日本人をマネージャーとして配置していたりすることもあります。

観光に来る日本人をお世話したり、といった仕事がメインになりますが、日本人はあまり英語が得意ではありませんのでもしツアーなどを使わずに個人的な旅行できた場合にはホテルのチェックインなどでも手こずってしまうこともあります。

そういったときに、日本人の担当者がいればとても安心出来るホテルだという評価になるのです。

こうした観光に関する仕事もベトナムではとても増えてきていますから、現地採用で仕事を探している方は、観光業に目を向けてみるのも良いのではないでしょうか。

もちろん、英語やベトナム語などの語学が堪能であり、さらに今まで日本でもホテル勤務をしていたり、旅行代理店で働いていたなど観光業に携わっていた方ですと採用面接も有利に働くことでしょう。