外国人就労のハードルの低さ、日本人の現地転職の需要あり

ベトナムでは、かつて日本の大企業が中国の安価な労働力を求めて、多くの現地工場を作ってきた時代と同じ様な現象が起こっています。ベトナムに生産拠点を作ったり、現地から日本の企業向けのセールス担当者が必要など、日本人の現地採用の需要は年々高まってきています。ベトナムでは近年日系のIT企業の進出が目立ち、それに際して特に日本語でコミュニケーションが取れるエンジニアの需要は採用合戦となるような様相を呈しています。ベトナムで日本人の雇用が高まっている最大の理由はアジアでも突出した外国人就労のハードルの低さです。一定の基準さえクリアすれば、他の国では中々発行が難しい労働許可証も簡単に発行できます。数年前から、徐々に中国人などの不法就労者を取り締まるために、発行に対するハードルを高めつつありますが、アジアのほかの国に比べるとまだまだ低いです。日本人がベトナムで働く場合、確実に日本で働いていた頃よりは給料は減ります。しかし日本人をはじめとして外国人就労者の給料は、現地の方々に比べるとかなり優遇されています。単純に同じ技術や能力を持った日本人と現地の方々では、6倍ぐらい日本人の方が高いです。これは決して現地の方の生活が苦しい給料しかもらえないのではなく、一般家庭が普通に暮らせる給料である上での6倍の給料です。もちろん物価が日本とは違いますので、かなり裕福に生活できることは間違いありません。このような優遇を把握したうえで自分にあった仕事を見極めましょう。