職種別に給料をチェック!ベトナムの現地企業転職での給料について

vietscene
グローバル社会と言われる昨今、日本を出て海外で職に就くのはなんら不思議なことではなくなってきました。
ベトナムで仕事を探す場合に気にかけるのはどこでしょうか。
職場のことも大事になってきますが、大半の方はやはり給料に目を向けると思います。

現地採用で働くことになった場合。現地採用となると、生活の場がベトナムになる訳ですから、給料水準も現地の給料平均に合わせた金額となります。
平均額は1200ドル〜1500ドルが相場です。
職業別にすると、事務職で1200ドル、営業職で1500ドルとなります。
そこから税金の20%が差し引かれることになります。

もしあなたがベトナム語または英語をビジネスレベルで話すことができるのならば、平均給料は2000ドル〜2500ドルと格段に上がります。
技術系の職業に就くのならば、技術や経験、資格、ベトナム人に技術を継承するための育成能力が必要となりますが、3000ドル〜6000ドルとさらに高額になります。
最近ですと日系製造業がベトナムにも進出していますので、技術系での就職の場も多くなっています。
ベトナムに行くのだから現地のローカル企業で仕事がしたいとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

語学のスキルがある人であれば前述の通り平均で2000ドル~2500ドルが見込めます。
しかし、そのようなローカル企業に、この金額を毎月支払うことができる会社は少ないのが現状です。
福利厚生も望みづらいので、日系の企業に就くのがいいでしょう。
自分のスキルに合わせた職場を探してみてください。

参考→ベトナム求人サイト

ベトナムでは語学力以外の面も転職採用の基準とされる時代に

ベトナムでの就職・転職をするならば、語学力は高ければ高いほどに良いのですが、決してそれだけですべてを判断される事ではありません。

英語が苦手だからベトナムでの仕事が見つからない…、ベトナムで仕事をしていてもベトナム人と話が通じないから日本人のコミュニティーにこもってしまう…などといった不満を口にする方もいますが、単純に英語力が低いからということではなく、その方自身の仕事のスキルが不足していたり、話題に困窮していることが本当の原因なのかもしれません。

日本できちんとした定職に就いていなかった方が、いきなりベトナムに来て仕事をすることはなかなか難しいことです。

日本に比べればまだまだベトナムは発展途上国ですから、日本人であるということだけをアピールにして仕事を探せるという時代からは変わってきているのです。

逆に、たとえ英語が苦手だったとしても専門的な知識やスキル、資格を持っていって、日本での仕事の経験も十分ある方でしたらベトナムでもいろいろな仕事に就けるチャンスが広がってくるはずです。

また、ベトナム人の友達を作るにしても、言葉が思ったように通じなくてもお互い分かり合おうとする気持ちがあれば、楽しく一緒に過ごすことだって出来るのです。

英語の勉強を本格的で始めたばかりでまだまだビジネスレベルにはほど遠い方であっても、英語を母国語としない人が集まっているベトナムならばまだまだチャンスはありますから積極的に行動することが大切です。